ビットフライヤーとは

ここでは、暗号通貨取引所のビットフライヤー(bitFlyer)についてご説明します。

ビットフライヤーとは

ビットフライヤーは2014年1月に設立された日本で一番最初の暗号通貨取引所です。三菱UFJキャピタルやリクルートなどの大企業から出資を受けており、資金力も豊富でテレビCMをうつなど知名度は日本ではトップクラスの取引所だと言えるでしょう。

僕はメインとしてはコインチェックを使っていますが、資産運用の関係でビットフライヤーの口座も持っています。この記事を書いているのが2017年10月30日ですが、きょう時点でビットフライヤーが扱っている暗号通貨は次の6種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)

これから暗号通貨を始めたいという初心者の方は、コインチェックと合わせてビットフライヤーも登録しておきたい暗号通貨取引所と言えるでしょう。

ビットフライヤーの登録(口座開設)方法は下記の記事をご参照ください。
ビットフライヤーの登録(口座開設)方法

 
以上、ビットフライヤー(bitFlyer)についてでした。

竹内明寛
 
PS.下記より「竹内明寛のリッチライフメルマガ」に無料登録していただくと僕から感謝の気持ちを込めてTHE FIRST~ネットビジネスで成果を出すために一番最初に取り組むべきこととは?~を無料プレゼントいたします。ただし、期間限定プレゼントになるので72時間を過ぎるとプレゼントは受け取れなくなりますのでご注意ください。

※ご登録後、メルマガが必要ないと判断された場合は、いつでも解除することができるのでご安心ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP